受託サービス

受託サービス

アゾベンゼン挿入受託

SKIP ➤

DNAにアゾベンゼンという“光スイッチ”を化学的に組み込んだ光応答性DNAの合成が可能となりました。これを用いることで二重鎖の形成 と解離を光照射のみで効率良くコントロールし、遺伝子発現に深く関わる酵素反応の光制御が実現します。
国内在庫をいたしておりますので、短期間での納品が可能です。

光クロスリンク能を有する光応答性DNA"CNVK"の受託挿入

SKIP ➤

366nmの光照射により、相補鎖のT塩基、C塩基と共有結合で架橋されます。
また、312nmの光照射により,架橋の開裂が可能となりますので、 可逆的にDNAをコントロールすることが可能となります。

アゾベンゼン挿入受託 *光で遺伝子を操る -DNAをコントロールする“光スイッチ”の開発-

DNAにアゾベンゼンという“光スイッチ”を化学的に組み込んだ光応答性DNAの合成が可能となりました。
これを用いることで二重鎖の形成と解離を光照射のみで効率良くコントロールし、 遺伝子発現に深く関わる酵素反応の光制御が実現します。

アゾベンゼン導入DNAによる二重鎖形成と解離の光制御

アゾベンゼン導入DNAによる二重鎖形成と解離の光制御

アゾベンゼン導入DNA二重鎖の構造

アゾベンゼン導入DNA二重鎖の構造
trans体:
cis体:
スタッキング相互作用による二重鎖の安定化
立体障害による二重鎖の不安定化

trans-cis光異性化に伴う融解温度(Tm)の変化

trans-cis光異性化に伴う融解温度(Tm)の変化
trans-cis光異性化に伴う融解温度(Tm)の変化
二重鎖形成と解離のOn-Off光スイッチングを実現

RNase Hによるm-RNA切断の光制御アゾベンゼン導入

RNase Hによるm-RNA切断の光制御アゾベンゼン導入
RNase Hによるm-RNA切断の光制御アゾベンゼン導入
RNase H による RNA 切断の光制御を実現

アゾベンゼン導入DNAを用いたT7-RNAポリメラーゼによる転写反応の光制御1

アゾベンゼン導入DNAを用いたT7-RNAポリメラーゼによる転写反応の光制御1


アゾベンゼンをプロモーター部位に直接導入し、
T7-RNAポリメラーゼによる転写反応のスイッチングを目指す。

全体像

全体像

酵素が強く結合している部位

酵素が強く結合している部位

T7-RNAポリメラーゼとプロモーターの媒体
(T.A Steitz et al., Nature 1999. 399. 80-83: PDB ID:1CEZ)

アゾベンゼン導入DNAを用いたT7-RNAポリメラーゼによる転写反応の光制御2

アゾベンゼン導入DNAを用いたT7-RNAポリメラーゼによる転写反応の光制御2

アゾベンゼン一分子だけでは光制御効率が低いが、特定の領域に二分子導入することで、
転写反応のOn-Offスイッチングを実現

今後の展望

  • 光による遺伝子増幅法(光PCR法)への展開
  • 未知のタンパク質の細胞内での機能を調べるツールとしての応用
  • DNAコンピューターの光アドレッシングへの展開

資料提供:名古屋大学大学院工学研究科 物質制御工学専攻 浅沼浩之教授

高速光架橋型人工核酸"cnvK"受託挿入

日本国特許登録番号:4940311
米国移行出願番号:12/743,324
カナダ移行出願番号:2,706,222
欧州移行出願番号:08851080.5
発明の名称:光クロスリンク能を有する光応答性人工ヌクレオチド

本品は、北陸先端科学技術大学からのライセンスを受け、製造・販売しております。

日本(北陸先端科学技術大学 藤本教授)にて開発されました高速光架橋型人工核酸"CNVK"の受託挿入を開始致しました。

内容

用途1

用途1
用途1

CNVKをオリゴヌクレオシドに組み込んだ場合、366nmの光照射により、相補鎖のチミン塩基、シトシン塩基と共有結合での架橋が誘導されます。相補部位においてピリミジンとプリンを識別し、 プリン塩基とは架橋反応しないことが実証されています。
一度架橋された二本鎖のUV融解温度は、照射前に対して約30℃上昇する 結果が得られております。
また、312nmの光照射により,3分間で架橋の開裂が可能となりますので、 可逆的にDNAをコントロールすることが可能となります。また、どちらの波長も重大なDNA損傷を引き起こす可能性は低く、さらに周囲の配列の影響について、架橋部位の両側の影響はほとんどありません。

用途2

用途2

Ref. Y.Yoshimura,T.Ohtake,H.Okada,and K.Fujimoto,ChemBioChem,2009,10,1473-6

CNVKが二本鎖DNAのdC塩基と架橋した際、90℃で3.5h加熱することにより、相補鎖のシトシン塩基の 脱アミノ化反応を誘導し 、ウラシルに変換します。さらに、312nmの光照射を行うと、dCはdUに変換されたまま、架橋が開裂されます。
この変換はCNVKと対になったdC塩基にのみ行われ、近接したdC塩基には影響致しません。

合成依頼について

国内合成は、グループ会社のつくばオリゴサービス株式会社にて請け賜ります。

つくばオリゴサービス株式会社 ウェブサイト http://www.tos-bio.com/cnvk.htm

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。

日本テクノサービス株式会社

担当 営業部:森 良仁
TEL 029-886-6811 / FAX 029-870-0210
E-mail mcinfo@ntsbio.com

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックして、Adobe Acrobat Readerをダウンロードしてください。